ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーを選ぶ前にチェック!

ウォーターサーバーのデメリットとは?

少し前までは水道水を飲むことはできないので、ミネラルウォーターを買っていたという人は多いと思いますが、最近ではウォーターサーバーを自宅に置くという人が増えてます。

ウォーターサーバーを自宅に置こうと思っている人は、ウォーターサーバーを置くことで、どのようなデメリットがあるのか考えていると思います。

電気代がすごくかかるのではないかと心配になったり、お水が高いのではないかと心配になったりしますよね。ウォーターサーバーというのは平均して電気代が1000円前後1ヶ月にかかってくると思います。お水の料金に関してはお水の種類によって違うと思うので一概には言えませんが、ほとんどの場合1000円前後となっています。

ウォーターサーバーを置いてデメリットに感じることというと、ウォーターサーバーを使っていて空になったボトルを次の回収日まで保存しておかなければいけないということですね。ボトルは案外大きいので、場所を取ってしまいます。ですから、掃除をするときにコードが引っかかってしまったり、小さなお子様が引っかかって転んでしまったりするようなことがあるかもしれません。しかし、そういったことがないようにボトルを積んでおけるようなスタンドを借りることができますから、工夫次第でデメリットはなくすことができると思います。

他にウォーターサーバーを置くデメリットというと、小さなお子様が熱いお湯でやけどしてしまうかもしれないということだと思いますが、ほとんどのウォーターサーバーにはしっかりロック機能が付いているのでそういったデメリットもありません。